ナナツモリのこと

フォトグラファー・田村ヒロシがある日思いついた「写真館+カフェ」。
それがナナツモリの原点です。
2007年、住宅街の四角いお店にはじめにできたのはカフェと写真スタジオと写真教室。
それから雑貨屋になったり、ギャラリーができたり、とにかく楽しいことをたくさんしていきたくて、ナナツモリはどんどん形を変えてきました。

2019年現在は
「カフェ」「焼菓子屋」「青春写真教室 奈良校」「七ツ森写真室」「株式会社青春 オフィス」
という5つの側面を持つ、あいかわらずなんとも渋滞気味のお店ですが、
一つ一つ心をこめて作り上げています。

 

 

「カフェナナツモリ」の月替わりランチプレートは、たくさんのお野菜を使い、毎日丁寧に手作りしています。スイーツももちろん手作り。たくさんの本も置いていますので、一人でのんびりも、みんなでワイワイも大歓迎です。

 

「okashiya kiiro」はパティシエの作るおいしくてコンセプチュアルなお菓子が自慢。奈良の山をテーマにした「オヤマフィン」や「グラノーラ」ならぬ「グラなーら」など、クスッと笑えてかつおいしい、そんな豊かなコミュニケーションを生み出すお菓子を作っています。

「青春写真教室」は創業当時よりずっと続いている写真教室。
1年間コースでは3月の卒業写真展を目指し、生徒の皆さんが楽しく厳しく学んでいます。
この卒展、かつてはナナツモリに大きなリボンをかけたり、倉庫丸々リノベーションしたりと、写真展の枠を超える一大イベントになっています。

 

「七ツ森写真室」はロケ専門の写真館。
七五三や成人式などの記念日に、実はとってもリーズナブルにロケ撮影を行なっています。
カフェならではのセンスを活かし、写真も仕上がりもお客様が心から納得できるものをお届けします。

 

そして最後に2階にあるのがナナツモリを運営している「株式会社青春」のオフィス。
青春ではナナツモリの運営の他に神戸にある大人のための写真「MEMORI」の運営、各種デザインやブランディング、イベントの企画など様々なご依頼をお受けしています。
とはいえ、バリバリのデザイン会社とは違い、私たちにできるのは一人一人に寄り添って様々な角度からアイディアを出すこと。
誰に頼んでいいかわからない案件がございましたら、ぜひお気軽に2階のオフィスにお越しください。

ナナツモリは様々な活動を通し、皆様の生活に「フフッ」と笑える瞬間をお届けするための居場所であり続けたいと思っています。
そしていつか「ああ、そういえば一緒にそんなお店行ったね」なんて思い出していただけて、誰かの心の中にそっと暖かい火を灯せるような、そんな存在になれれば、こんなに嬉しいことはありません。

 

 

 

>>運営会社

>>系列店

>>系列店